Uncategorized

堀江 貴文

堀江 貴文 プロフィール

堀江 貴文(1972年10月29日)は、日本の実業家、著作家、投資家、タレント、YouTuberである。血液型A。愛称はホリエモン

生い立ち

1972年10月29日、福岡県南部の山間部の八女市に長男として生まれ、ひとりっ子として育つ。

父はとても厳しく、好きな野球チームの勝敗で機嫌は変わり、母もとにかく気性が荒かった。

小学校1年生のとき、いきなり母の言いつけで柔道を始めることになる。1時間半の猛練習をして、また30分かけて帰る。これが週3日続いた。理不尽なしごきや体罰もありずっと苦しかった。

 

幼少・小学校時代

5歳の頃から辞書を読んでいた。家には他にまともな本がなかったためである。リニアモーターカー、コンピュータ、宇宙のことなど辞書によって、知的好奇心が刺激され、星・全世界の国・国王の人名もこれで学んだ。

テストや教科書が簡単すぎてつまらなくなり、ここが自分の居場所ではないと感じていた。小学3年生の時担任が久留米の「全教研」という進学塾に行くことを勧めた。

久留米の生活は塾のある日は柔道を休め、刺激的な友達と出会え、美味しいものも食べられる。しかも講師陣の教え方もうまく授業のレベルも高かったため勉強が楽しくなった。

 

中学時代

そのまま県下で一番の進学校である久留米大学附設中学校に合格する。

中学に上がるのと前後してコンピュータと出会う。当時、子どもたちは科学やSFに強く関心をもっており、貴文も科学雑誌を読み漁っていた。きっかけは映画「ウォー・ゲーム」を観たことであった。1985年はつくば万博が開催された年で、そして話題の中心はいつもコンピュータであった。

なんとか両親を説得し合格祝いに日立のMSXパソコン「H2」を買ってもらう。毎日深夜までプログラミングに明け暮れていたのであった。その知的好奇心は留まるところを知らず、ますます貴文の好奇心に火をつけるのであった。

そのうちに初心者用のMSXパソコンでは満足できなくなり、「PC-8801mkⅡFR」を買う。購入資金は親から20万円借金し、それを新聞配達で返済した。ますますパソコンの世界に没頭し、かなり複雑なプログラミングまで組めるようになっていった。

中学2年生の時初仕事が舞い込んでくる。塾講師から日立のパソコンを全部NECの新しいパソコンに入れ替える際、教材システムの移植作業をやらないかという話を受けた。

当時としてはかなり珍しく、パソコンを使ったCAI教育(コンピュータ支援教育)による英語スクールで、授業そっちのけで移植作業で受け取った報酬は、中学生にとっては大金の10万円だった。

コンピュータにのめり込みすぎたあまり入学当時トップ10クラスだった成績は学年202人中199番というところまで落ちてしまった。さらに当時のパソコンを取り巻く環境に幻滅しコンピュータからも離れてしまう。

 

大学時代

九州大学に通えと両親は言うに違いないと容易にイメージでき、実家からの通学を強制される可能性があったため、両親でも知っている大学、東京大学に行くことという結論に至った。こうした環境から脱出するため、貴文は東京に行くことを決心し結果的に現役で東京大学に合格したのである

久留米大学附設中学校・高等学校を経て、東京大学文学部中退。中学・高校時代の同級生に、後に衆議院議員となる古賀篤、ソフトバンク社長室長などを務めた三木雄信、ガンホー・オンライン・エンターテイメント創業者の孫泰蔵(孫正義の実弟)がいた。

 

会社設立

1996年(平成8年)有限会社オン・ザ・エッジを設立・有馬あきこらと会社を立ち上げ、1997年に株式会社に改名した。

当時のインターネットが普及しはじめた黎明期に、いち早くホームページ制作・管理運営を行う会社として注目を集め、レコード会社などの一流企業のサイト制作を請負った。

2000年4月に売上高2億5000万円で東証マザーズに上場したが、2002年経営破綻したライブドアへ社名を変更した。ライブドアは証券取引法違反により、2006年4月14日に上場廃止となった。

 

球団買収計画と失敗

2004年に経営難でオリックス・ブルーウェーブ(現:オリックス・バファローズ)との合併が決定され、プロ野球球団、大阪近鉄バファローズ買収を申し出たが拒否された。新球団を設立する計画を発表。本業の競合他社でもある楽天と参入を競い合うが経営体力の不足等が指摘され、審査の結果、楽天(東北楽天ゴールデンイーグルス)の参入が決定。ライブドアの参入は実現しなかった。

ニッポン放送買収計画と失敗

「ニッポン放送の経営権問題」
2005年2月、自身が社長を務めるライブドアがニッポン放送の株を35%取得、同社最大株主となる。その後2月21日現在ニッポン放送株を40.1%取得したが、2005年4月、ライブドアの所有するニッポン放送株式全てをフジテレビジョンが取得したことで、買収は失敗に終わった。

 

総選挙への出馬と落選

2005年8月16日、衆議院の解散(いわゆる郵政解散)に伴う総選挙を自民党から福岡1区での立候補を打診されたが、立候補は見送られた。

自民党からは堀江の擁立に対する批判が相次ぎ、また、堀江が自民党の説得に応じず、ライブドアの社長を辞めないことを表明。堀江は無所属として亀井静香の選挙区である広島6区で立候補すると発言した。

選挙の結果は、落選。

その後…今現在

翌年の証券取引法違反事件で自身が東京地検に逮捕された。(懲役2年6ヶ月の実刑判決)

2013年11月9日に刑期終了。その後は徐々にネットメディアやテレビ、雑誌等のマスメディアに登場することも多くなっている。

釈放後は多種多様な事業を行っている。宇宙開発事業の「インターステラテクノロジズ」ではファウンダーとなり、民間の小型ロケットを安価に打ち上げることを目指している。また、和牛専門店の「WAGYUMAFIA」のプロデュースを務めている。

YouTube上で自身のチャンネル「ホリエモンチャンネル」を設立している。寺田有希らとともにコンテンツを配信しているが、2019年以降は時事ネタに対する自身の考えを投稿することが増えている。

名言

つまらない仕事なんか今すぐ辞めろ!楽しいことだけやれ!