芸能

三浦春馬さんだけじゃない 人気絶頂に自ら命を絶った有名人 遺書に「僕は〇〇から壊れた」

今月18日、人気俳優の三浦春馬さん(30)が東京・港区内の自宅マンションで首を吊って亡くなっているところを発見された。

部屋には遺書のようなメモが残されており、自殺だったとみられている。

振り返ってみると、過去にも人気絶頂に自ら命を絶った有名人は数多い。

マーク・サリングは米人気ドラマ「glee/グリー」に出演し、一躍人気を博した俳優。

ボーカルのみならず作詞作曲までこなす多彩な音楽の才能を持ち、ソロアルバムもリリースしている。

しかし、2013年には元恋人に対する暴力で提訴されて270万ドルもの賠償金を支払い、2015年には児童ポルノ所持の容疑で逮捕されている。この容疑については2017年に司法取引に応じたが、その直後には自殺未遂騒ぎを起こしている。

2018年1月30日、米カリフォルニア州の自宅付近で首を吊って自殺した。まだ35歳の若さだった。

米人気ロックバンド、リンキン・パークのボーカリスト、チェスター・ベニントンもまた、人気絶頂で自ら死を選んだ人物だ。

チェスター・ベニントンは幼い時に両親が離婚、性的虐待や薬物中毒を経験したが、音楽活動を通して人生を取り戻したという。1990年代にはグレイ・デイズというバンドに所属していたが脱退し、リンキン・パークのボーカルを務め、2000年代には世界的なスターに駆け上った。

私生活では二度の結婚で6人の子をもうけている。米カリフォルニア州の豪邸に住み、その総資産は約3000万ドルにも上ると推定されているが、2017年7月20日、自宅で首を吊って自殺しているのが発見された。まだ41歳だった。

2017年、韓国の人気男性アイドルグループSHINeeの元メンバー、ジョンヒョンの自殺は、韓国のみならず日本のファンにも大きなショックを与えた。

ジョンヒョンは2008年のデビュー当時からSHINeeのメインボーカルを務め、その歌唱力とパフォーマンスで人気を博し、2011年には日本でもデビュー、音楽番組への出演やライブツアーを行なっていた。

だが、2017年12月18日、ジョンヒョンはソウル江南区の宿泊施設で突如命を絶った。自殺をほのめかすようなテキストメッセージを受け取った家族が通報し、警察が駆けつけたが、すでに心停止状態であったという。部屋には練炭を燃やしたような痕跡があり、自殺と結論づけられた。

死後、友人がジョンヒョンの遺書を公開している。

遺書は「僕は内側から壊れた」という書き出しで、その苦悩と苦痛が綴られていた。

若くして栄光を掴んでしまったがゆえの苦悩というのもあるのだろうが、ファンにとって応援しているアーティストや俳優が突然亡くなってしまうほど悲しいことはない。

中国メディアが、俳優・三浦春馬さんの死に関連して「日本の芸能人は中国に比べてどれだけつらいのか」とする記事を掲載した。

記事は「スターのストレスが大きいという話をすると、多くの人が怒り気味に『何を言ってるんだ。もし自分が芸能人で何百万円、何千万円と稼げるならどんなにストレスがあったって耐えてやる』と思うかもしれない。しかしそれは、中国の芸能界を見ての話だ」とした。

そして、「日本の芸能界におけるプレッシャーはわれわれが想像しているようなレベルではない。芸能人という職業によるストレスに加えて、日本社会における強いプレッシャーをも受けなければならない」と紹介。

ドラマの視聴率が悪かったり、映画の興行収入が思うように伸びなかったりした際に責任を感じたり、プライベートでちょっとした問題があれば公式の場で謝罪しなければならなかったりと、中国にはないさまざまな社会的なプレッシャーと戦う必要があるのだと論じている。

この件について、中国のネットユーザーは「日本の芸能界は本当に疲れそう」「だから、中国の芸能界にやってくる日本や韓国の芸能人がいるのだ」「中国のスターが楽をし過ぎているのではないか」「日本のトップクラスの俳優が自殺をするなんて、本当に残念。中国ではこんなこと起こらないような気がする。社会的な立場やファンへの態度が収入と大きく関係していないからね」といったコメントを残した。

 

7月23日、モデルで女優の三吉彩花さん(24)がインスタグラムのストーリーを更新。

真っ黒に塗りつぶされた画像を背景に、《毎日しっかりと過ごしています。ただ、もう少し時間をください。何も整理できていなくて。ごめんなさい》と文章を投稿した。

三吉さんといえば、7月18日に亡くなった三浦春馬さん(享年30)と同じ事務所の先輩後輩同士で、2018年5月には、“深夜のデート”写真とともに熱愛が報じられたこともあった。

いっぽうで三浦さんが亡くなると、三吉さんのインスタグラムの投稿には心無い誹謗中傷のコメントが大量に書き込まれていた。

それを受けてか、該当投稿のコメント欄を閉じた三吉さん。頻繁に更新されていたインスタグラムも23日までは6日間投稿がなく、ファンからは心配の声が上がっていた。