芸能

上沼 恵美子 西の女帝 生い立ち 経歴 年収は? 引退はあるのか?

上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年〈昭和30年〉4月13日 – )は日本の歌手、司会者、元漫才師である。

上沼事務所所属。夫は元関西テレビ所属のテレビ演出家、プロデューサー、常務取締役・制作局長、元メディアプルポ代表取締役会長の上沼真平。

1971年 – 1977年:海原千里・万里時代
銀行員の父が演芸好きだったため、幼少時から姉妹揃って演芸や歌を見たり聞いたりして育つ。

元々は歌手志望だったが、漫才コンビとしてデビューするはずだった姉の相方がデビュー前に失踪したため、姉と漫才コンビを組むことになり、1968年4月中頃大須演芸場の舞台に立つ。

中学校卒業後、1971年に姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」の妹海原千里(海原お浜・小浜門下)としてデビュー。

同年、上方お笑い大賞銀賞を受賞する。高校生ながら巧みな話術で一躍スターになる。

1973年にはNHK漫才コンテスト優秀敢闘賞を受賞し、1975年にはレコード「大阪ラプソディー」が40万枚を売り上げて大ヒットする。

1975年、20歳の時に出演した『日曜ドキドキパンチ』で、後の夫となる8歳上の関西テレビディレクター、上沼真平と出会う。

1977年5月22日、真平と結婚。親族・親類全員が反対する状況下での結婚だった。姉とのコンビを解消し、ラスベガスからカウアイ島へと渡る新婚旅行を経て、芸能界を引退する。

1978年4月、長男を出産後の7月に芸能界へ復帰。

1983年5月に次男ゆじぇーろ(構成作家)を出産した。

芸能界復帰について、上沼は後に番組内で「自分には専業主婦は耐えられなかった」と述懐している。また、『上沼・高田のクギズケ!』内で島田紳助の引退について触れた際は、自身の引退時に「番組スタッフとかが離れていったことが寂しかった」と明かした。

1994年と1995年にはNHK『NHK紅白歌合戦』の紅組司会を担当した。

2002年のNHKが実施したタレント好感度ランキングでは、女性部門で久本雅美、松嶋菜々子に次いで3位になる。2003年度長者番付大阪地区では、明石家さんま、島田紳助などを抑え芸能人としては1位となった。

2007年下期のNHK連続テレビ小説『ちりとてちん』で語りを担当した。

同作では主人公の老年後という設定での参加だったが、放送されたストーリー分の時代よりも後の時代から回想して語るという設定だったため、実際に本人が主役として画面に登場することはなかった。

ただし、『第46回NHK紅白歌合戦』の映像の流用という形で本人役での出演を果たしている。

2007年から2009年まで、大会委員長の紳助からの直々の依頼により、『M-1グランプリ』に初の女性審査員として出演。

『M-1グランプリ』再開後も2016年より審査員として出演している。なお、夫の真平は初期の『R-1ぐらんぷり』で審査員を務めていた。

2014年2月中旬に急性A型肝炎を患い入院するも、3月3日にラジオの生放送で復帰した。

2015年、2人の子供が結婚したため姑になった。

2020年 司会を務める「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)が7月24日、突然幕を閉じた。

「快傑えみちゃんねる」の降板騒動が報じられ時期を見て連鎖的に勇退を促す可能性は十分に考えられるそうです。

西の女帝に君臨した彼女の立場は今、間違いなく揺らいでいます。

また、「快傑えみちゃんねる」が終了前には、ラジオ1本,テレビ3本の冠番組を持っておられました。また,年に1回コンサートもされており,チケットはすぐに完売してしまうほどです。その年収はおよそ2億5000万円とも言われています。