芸能

手越祐也の年収は? ジャニーズ退所後の動向に注目 破天荒な性格 波乱万丈

手越 祐也(てごし ゆうや 1987年〈昭和62年〉11月11日 )は、日本の男性歌手、俳優、タレント、YouTuberである。

2002年12月、15歳でジャニーズ事務所に入所し、10か月後の2003年9月15日に男性アイドルグループ・NEWSのメンバーに選ばれる。

2005年12月、映画『疾走』で初主演をつとめ、2006年1月15日に行われた舞台挨拶で、早稲田大学人間科学部人間情報科学科eスクール(通信教育課程)にAO入試で合格したことを明かす。

2006年2月16日に堀越高等学校を卒業。11月には増田貴久とヴォーカルユニット、テゴマスを結成する。

2007年11月24日放送のフジテレビ系単発テレビドラマ『しゃばけ』でドラマ初主演。

2010年春、「アイドル業を120%やりたい」という理由で4年生で大学を中退。

2012年から 2019年までFIFAクラブワールドカップを中継する日本テレビ系番組で8大会連続でゲストやメインキャスターを務め、2014年と2018年には2大会連続でFIFAワールドカップの日本テレビ系メインキャスターを務めた。

2020年2月6日、OPENREC.tv(オープンレック)公式アンバサダーに就任。

2020年4月8日、2019新型コロナウイルスの影響による非常事態宣言発令中に、酒席に参加していたとの報道がされる。

2020年5月15日、株式会社ジャニーズ事務所は新型コロナウイルス感染拡大に伴うチャリティーで結成するユニット「Twenty☆Twenty」のメンバーから手越を外すと発表した。理由は週刊文春で報じられた、今年4月に政府による外出自粛期間中の状況下にも関わらず、女性らとパーティを開催した事によるもの。NEWSとしての活動は引き続き行われるものとされた。

新たな週刊誌報道を受け、株式会社ジャニーズ事務所が手越本人に確認した所、一部、事実関係に相違があると主張するものの酒席への参加を認めた。ジャニーズ事務所は、手越の行動は、世の中の状況と自身の置かれている立場に対し自覚や責任が著しく欠けたものと受け止め、日常生活を取り戻したいと願う皆の願いに反するような行動を取った事は到底許容できるものではないとした。2020年5月26日、株式会社ジャニーズ事務所より告知が正式に出され、以降、手越の全ての芸能活動は中止となる。

6月19日、NEWSからの脱退とジャニーズ事務所との契約終了が発表され、同日にTwitterアカウント・YouTubeチャンネルを開設。今後の活動はTwitterで発信するという。

6月23日、記者会見を実施。自身のYouTubeチャンネルでも生中継を行った。最大で130万人が視聴するなど、大きな反響を得た。

7月16日、自身の会社を設立したことを明らかにした。

独立前の手越祐也さんの年収はいくらくらいだったのでしょうか。

推定年収は1600万円〜3000万円だそうです。

ジャニーズ事務所の給料の決め方は年功序列だそうです。

ジャニーズ事務所に入った順番で基本給が決まるとのことです。

しかし、ジャニーズ事務所との契約を終了し自身のYouTubeチャンネル開設したばかりで収益は1,300万円。

今後の活躍次第では年収は軽く億を超えると言われています。