Uncategorized

三浦春馬さん「せかほし」最後の放送回で実現したこと「日本製」テーマ

いつもご覧いただきありがとうございます。

7月18日に亡くなった俳優・三浦春馬さん(享年30)が出演するNHK総合「世界はほしいモノにあふれてる」(木曜、10・30)が27日、放送された。

生前最後に収録された放送回となった。

三浦さんの最後の出演回となった27日のテーマは「JAPAN!究極の“台所道具”」。

冒頭、築90年近い古民家に住む料理家、ナンシー・シングルトン・八須さんの家が映し出されると、「ステキな日本家屋」とうっとりと口にした。

三浦さんは今年4月、著書「日本製」を出版。

47都道府県に自ら足を運び、メイド・イン・ジャパンの物作りや文化を伝える人々を取材。「せかほし」でも「日本を含めて世界ですから、取り上げてほしいですよね」と希望していた。

生前最後の放送回で実現したことになる。

同番組は18年4月にスタート。三浦さんは歌手・JUJUとMCを担当し、海外ロケにも参加していた。

番組の最後には、笑顔の三浦さんの映像に、「三浦さん、ありがとうございました」と感謝のナレーションが重ねられた。

来週9月3日は「感謝祭SP」と題して、番組開始から2年半の歩みを振り返る総集編が放送される。モノの特集のほか、MCの三浦さんとJUJUの名シーンもダイジェストで放送する。