Uncategorized

三浦春馬さん ファンとのエピソード 常に相手の立場になって考え行動

三浦春馬さんはファンへの対応が素晴らしいと言われていて、多くの人が神対応だったと絶賛していますね。

リストカットの跡がある女性と握手した時には、そっと手に触れて小声で「痛かったね」と女性を気遣っています。

他にもコンビニでコピーを取っていた時に後ろに三浦春馬さんがいて、

三浦春馬さんに気付いた男性は何度も見ていると笑顔で「ブーツ素敵ですね!」と声をかけられたそうです。

また男性ファンにも優しく対応してくれるのが三浦春馬さんで、

男性のファンは本当に嬉しいと笑顔で話しています。

新幹線で荷物を上げられない人を手助けするなど、

決して偉ぶらない気さくなところも三浦春馬さんの大きな魅力ですね。

2019年に台湾で開催されたファンミーティングでは、

ゲームに勝ち抜いた5人が三浦春馬さんと写真撮影できる予定でした。

ゲームは進み8人が勝ち抜いたところで三浦春馬さんは8人と撮影すると提案し、

5人ではなく8人と写真撮影に応じていますね。

三浦春馬さんは俳優業について「何ものにも代えられないサービス業」と話していて、

ファンに対しても気さくに対応してきた生涯だったと思います。

常に相手の立場になって考え行動できる三浦春馬さんは、

繊細で優し過ぎる面が精神的に追い込まれた要因と考えるのは辛いですね。

もちろん人生は1秒でも長く生きることが幸せとの考えもありますし、

生きた長さではなく自分にとって充実した人生だったかも重要だと思います。

ファンを大切にしてきたというより対等の立場で接してきたからこそ、

多くの人から愛される俳優で出演した数多くの作品はこれからも生き続けます。