Uncategorized

三浦春馬さん 「カネ恋」の役名は桃太郎がモチーフ!三浦春馬さんが「猿」の理由!

いつもご覧いただきありがとうございます。

2020年9月から開始されたドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」ですが、三浦春馬さんの役名に「猿」が付いていたり、猿モチーフのものがたくさん出てきます。

一部では、この「猿」が三浦春馬さんへの嫌がらせでは?という声も上がっていましたが、この作品の役名は、”桃太郎”がモチーフになっているようなのです。

「カネ恋」の主要キャラの役名は以下のとおり。
(一部ひらがなで表記しています。)

九鬼玲子(松岡茉優さん)
猿渡慶太(三浦春馬さん)
早乙女クリスけん(三浦翔平さん)
いたがきじゅん(北村匠海さん)

桃から生まれた桃太郎は、鬼ヶ島へ鬼退治に向かいます。

道中遭遇するイヌ、サル、キジにきび団子を渡して、鬼の財宝を持ち帰ります。

ドラマでは、鬼は主人公の玲子ですよね。

となると、鬼である玲子を倒す物語?と思えるのですが、そうではないようです。

最終話で出てくる玲子の父親、桃田保男(石丸幹二さん)。

桃が付きますので、”桃太郎”の主人公である、桃太郎です。

父親の名前が桃田だったということは、元々の玲子の名前は”桃田玲子”だったことがわかります。

となると、桃太郎である玲子が、慶太たちを引き連れて活躍する物語とも読めますね。

一方で、玲子は”九鬼”という名字でもあり、鬼の一面も持っているとも思えます。

玲子のお金に対する価値観は、人に理解されないほどガチガチに固まっていて、見ようによっては”鬼”のようでもあります。

そんな”鬼”のような心を溶かしていくのは、猿、犬、キジの3人だったのかもしれませんね。

「カネ恋」の役名が桃太郎のモチーフだと分かったことで、なぜ三浦春馬さんが猿だったのでしょうか。

桃太郎のストーリーを詳しくみていくと、なぜ”猿”だったのかが見えてきました。

そもそも、桃太郎で引き連れた動物がなぜ犬、猿、キジだったのかというと、「鬼門」が関係しているそうです。

鬼門とは、北東の方角であり、鬼や邪気などが出入りする方角だとされています。

そして、その反対の方角である南西が裏鬼門と呼ばれていて、裏鬼門に位置している十二支が「戌(犬)」「申(猿)」「酉(鳥)」なのです。

そのため、裏鬼門に位置する動物が鬼退治のお供として抜擢されたとされているんですね。

また、桃太郎のモデルとなった吉備津彦命の三名の家来、「犬飼部 犬飼健」「猿飼部 楽々森彦」「鳥飼部 留玉臣」を由来としている説もあります。

「犬飼部」犬飼健(いぬかいたける)

犬の犬飼健は猟犬を飼育、操し、朝廷に仕えた一族。
第29代内閣総理大臣の犬養毅の犬養家はこの犬飼健の子孫にあたるそう。

「猿飼部」楽々森彦(ささもりひこ)

猿の楽々森彦は吉備津彦命の軍師的な存在す。
子孫は現在の高塚家や藤井家とされています。

「鳥飼部」留玉臣(とめたまおみ)
雉の留玉臣は百里も飛ぶ事が出来る術師。
子孫は現在の鳥飼家や鳥越家とされています。

現在の桃太郎の多くは、犬→猿→キジの順番で仲間になっていきます。

ですが以下のように、猿→キジ→犬の順番に仲間になったというものもあります。

この順番は、干支の順番、申(猿)・酉(キジ)・戌(犬)と同じ。

干支の順番と一緒であること

から、最初に仲間になったのは「当初は猿だった」可能性が高いです。

そのため、三浦春馬さんが猿渡慶太だったのは、桃太郎である玲子の一番初めの仲間であったから

とも考えられるのではないでしょうか?

今回は、ドラマ「カネ恋」の役名の真相を調査しました。

三浦春馬さんが、「カネ恋」でガスライティングと呼ばれる嫌がらせを受けていたという話もあります。

ですが、このようにしてみると、「猿渡慶太」が決して悪い意味で使われたというわけではないようにも思えます。

玲子の一番大切な人が慶太だったのではないでしょうか。